ドラッグストア店長 おすすめ日記FC2

ドラッグストア店長が薬、化粧品、新製品など紹介していきますよ!
 
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小中学生用鎮痛剤「小中学生用ノーシンピュア」

世界を手に

ねえ、
頭 痛いの・・・







みなさん こんばんは
薬屋店長です。

お子様のお薬はかなり制限されています。

バファリンでも大人用小児用
成分が異なりますね。

小児用の錠剤の薬は主に
3歳-15歳未満を対象にしてます。
幅広い年齢をカバーしています。

そこで、困ってしまうのが

服用する錠数の多さ


です。
特に小学校高学年-中学生では
かなりの錠数を服用しなければなりません。

例えば


小児用バファリンCⅡ
(詳しい説明を見たい方は画像をクリックして下さい)

用法・用量
11才以上15才未満  1回6錠
7才以上11才未満    1回4錠
3才以上7才未満      1回 3錠

かなり飲みますね。。。
かといって、大人用を量を半分にして服用できません。

15歳未満のお子様には
大人用の解熱鎮痛剤に入っている

「アセチルサリチル酸」「エテンザミド」

は服用しない方が良いと思います。
ライ症候群が心配です。

あえて、ここでは商品名を挙げませんが
古くからある解熱鎮痛薬には
上記の成分が入っていても
7歳から飲めることになっているものがあります。

個人的には、とっても心配しています。

小児用バファリンを服用しても効かない
お年頃のお子様には



小中学生用ノーシンピュア
(詳しい説明を見たい方は画像をクリックして下さい)

効能効果
生理痛、腰痛、頭痛、歯痛、咽喉痛、関節痛、筋肉痛、神経痛、肩こり痛、
抜歯後の疼痛、打撲痛、耳痛、骨折痛、ねんざ痛、外傷痛の鎮痛 ・悪寒、発熱時の解熱

用法・用量
11才以上15才未満 1回2錠
7才以上11才未満   1回1錠

服用する量が減っていますね。
これは小中学生の

初めての生理痛

に着目したお薬です。

ですが、「アリルイソプロピルアセチル尿素」
が入っていますので、かなり強力です。

どうしても痛みが止まらないお子様のみ
服用された方が宜しいかと思います。

メーカーさん、この年代の鎮痛剤の種類を
もっと増やして欲しいです。

店頭では、いつも困ってしまいます。
期待していますよ。

オサルサン

うふ♪

あ・り・が・と






関連記事

スポンサーリンク
[ 2008/11/10 20:00 ] 鎮痛剤 小児用鎮痛剤 | TB(0) | CM(4)
子供用バファリンってオレンジの味がして
すごい好きだったのを思い出しました(^^)
もちろんお菓子じゃないんですがラムネみたいで
幼心に好印象。
オトナ用の薬にもオレンジ味とかつけてくれないかなー
そしたら飲みやすいのに(^^)
[ 2008/11/11 14:28 ] [ 編集 ]
知りませんでした。
子供用のものと大人用のものの成分、違うんですね。
子供には医者でもらった、とんぷく薬しか飲ませたことがありませんでした。(それもめったに飲ませませんが)
薬局でもチェックしてみます。
[ 2008/11/11 14:53 ] [ 編集 ]
かずぴんさん こんばんは
私は病院の薬を無理やり親に飲まされていました。
今は、いろんな味があって
子供たちが羨ましいです。。
変わるものですね。
かずぴんさんは良い薬に巡り合えていて
よかったですね!
[ 2008/11/13 22:11 ] [ 編集 ]
きぬさん こんばんは
子供は、成分的にかなり制限されています。
確かに自分が子供の時、あまり薬を飲まなかったと
思います。
教室で、ずっと鼻水垂らしていたなあ。。
今考えると、少しは薬を飲めば良かったと
思っています。
困ったときに、効率的に飲みたいですよね。
[ 2008/11/13 22:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

薬屋店長

Author:薬屋店長
ドラッグストア店長が
薬、化粧品、新製品など紹介していきますよ!

サイトマップ
カテゴリ
スポンサーリンク
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
09  12  11  09  06  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 
サイト内検索
免責事項・著作権
「免責事項」
当サイトでは、出来る限り正確な情報をお伝えできるよう万全の努力をしておりますが、 内容の正確性、信頼性、有益性について保証するものではありません。
必ず添付文書情報で副作用等をご確認下さい。 また、当サイトの情報を利用した結果について一切の責任を負いません。

「著作権」
当サイトのコンテンツを無断で使用、 複製または転載することを禁じます。
プライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、 当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。